体脂肪率10%を目指す

Make Body Blog

ランニング

【達成】フルマラソン初完走 横浜オンラインマラソン

投稿日:

フルマラソンチャレンジまで

前回3月にハーフマラソンを達成しました。

それから、いつかはフルマラソンを達成したいなあと考えはじめていました。

コロナがあり、エントリーした東京マラソンも横浜マラソンも中止となってしまいました。モチベーションはどんどん下がる一方でしたが、ふとRUNNETを見てみると「横浜オンラインマラソン」なるものの募集要項がありました。横浜オンラインマラソンのルールは、

  • 自分で任意のコースを設定する
  • 11/1~11/14の期間に42.195kmをアプリ:TATTAを連動して走ること
  • 期間内であれば複数回の達成でも構わない

とのことで、一旦当日フルマラソンチャレンジはするが、最悪その日完走できなくても、複数日にわけて完走をすれば認められるという内容でした。

これはまさにはじめてのフルマラソンとなる私にとってはピッタリな大会だと思い、早速エントリーをしました。

フルマラソンへ向けての練習

ぶっちゃけ大層な練習などしていませんが、簡単に紹介します。

いつもの通勤ラン

週1~2回、10km弱の通勤ラン(帰りのみ)を行いました。特別なことではありません。いつものライフワークです。信号は止まります。きっちり休んでます。

1週間前のプレ本番:ハーフマラソン

いつもの通勤ランだけでなく、流石に長距離練習をしたほうが良いだろうということで、ハーフマラソンをすることにしました。また、本番のコース設定を兼ねて。家から皇居まで10km、皇居を1周:5km、皇居から嫁子との待ち合わせ場所まで7kmで22km。結果的には、ハーフマラソンは難なく、楽しむ余裕すらありました。

フルマラソンのコース設定

ハーフマラソンを走って決めていました。

  • 家から皇居まで10km
  • 皇居を4周:20km
  • 皇居~家まで+αで12km

上記で42.195kmを超えます。

初フルマラソン達成のためのマイルール

当然はじめから全て走り切って(歩かず)、完走するつもりなどありません。

オンラインマラソンのため、マラソン大会のように人がいっぱいいるわけでもなく、給水所があるわけでもない。安全のための監視員がいるわけでもなく、ボランティアスタッフもいない、見ている人もいない、AEDが常備されていもいない。

ただただ一人で走るだけ。いつものように走るだけ。

フルマラソンの経験もないのに、危険極まりない。

そのため、このようにルール設定した。

  • 何度でもコンビニに立ち寄ってよい
  • カロリー摂取のためにコンビニで食事摂取も許容
  • 何度休んでも良い 

このルールであれば、なんとかフルマラソン(と言っても良いか?)を達成できそうだと考えました。

フルマラソン当日

朝の食事

いつも通り、休みの日のルーティンで妻と子供の朝ご飯を作ります。

スクランブルエッグとベーコン、たまごかけご飯、それとプロテインを摂取し、フルマラソンの消費カロリー2,400カロリーに備えました。出発前にアミノ酸も摂取しました。

出発時刻

朝の8時20分に出発しました。

家から皇居までの10km

いつも通り6分/kmのペースで皇居へ向かいました。10kmは難なくといったところですが、いま考えればフルマラソンにおけるペース設定としては間違えていたかもしれません。皇居の手前のローソンで350mlの水を摂取しました。

皇居1週目:累計15km

まだ余裕です。ペースも6分/kmを保って、走ることが出来ます。当日は日曜日だったのですが、皇居はたくさんのランナーがいました。まだ景色や他のランナーを見る余裕があります。

皇居2週目:累計20km

妻と子供にこの素晴らしい皇居を見せたくて、スマホで撮影するほど余裕がありました。ただ、3週目は地獄、4周目は鬼が出る気がしてきました。

皇居3週目:累計25km

とうとうきました。ハムストリングスとヒラメ筋が重だるい。急にゼイゼイと息苦しくなりました。皇居の途中にある細長い公園を歩いて息を整え、ストレッチをしました。このような身体の異変が急に起きたのは、人生で最大の距離:ハーフマラソンを超えてからです。

皇居4周目:累計30km

公園で休んだので、ペースを落として(もう歩いているか走っているかわからないくらい)なんとか走り続けました。また細長い公園で息を整えストレッチをしました。もう足が乳酸なのかなんなのかわかりませんが、重すぎて少し走っただけでゼイゼイいってしまいます。ただ、痛みはないのが救いでした。でもぶっちゃけつらい。きつい。

皇居~家まで:ラスト12km

やっと帰り道になりました。ここまで1,800カロリーの消費をしています。もしかしたら栄養不足による体の不調かもしれないとも考え、軽食をとることにしました。皇居を出たはじめのセブンイレブンにて、

  • アクエリアス
  • おにぎり2個
  • プロテインジュース

を購入し、栄養補給をしました。

さて、帰り道の段になりました。やはり2,3km走ったところでもう、ハムストリングスとヒラメ筋がパンパンになってしまいました。信号待ちでマッサージすると少しだけ症状がやわらぎます。これを繰り返して、だましだまし少しずつ進んでいきます。

精神的にはここが一番きつかったです。

頭の中にこんなイメージが。

もう電車で帰っちゃえよ!楽になるぞ~。

何を言っているんだ、ここまで頑張ってきたんじゃないの?もう少しだよ!

もう少しだから頑張る!!

本当にこんなやり取りを頭の中で何度もしました。

ラスト5km

もうかれこれ5時間経っています。少し走ってはパンパンになり、マッサージして歩いてを繰り返し、ごまかしながら進んでいきます。もう遅筋は限界に達していたのでしょう。ランニングスタイルを取るとゼイゼイ言ってしまいます。遅すぎて妻からも連絡が来てしまい心配かけてしまいました。

でももう、良く知れた、いつも通っている道です。

見えました。最寄駅です。

見えました。家の前の通りです。

見えました…。家です。

ついに、ついについについにゴールしました。

達成しました悲願のフルマラソン!

次につなげたいこと

やっぱりちゃんとした大会に出たい

ボディメイクをはじめて、ランニングするようになり、大会に出る気になったらコロナになってしまいましたから、本当タイミングとしては最悪でした。

大会があればモチベーションはもっと高めることでもできるでしょうし。本当早くコロナ消えて欲しい。

鍛錬不足

まだ足ができていないことがはっきりとわかりました。ハーフマラソンの足はできていることも分かりましたが、25km以上のグダグダ感を見る限り、圧倒的な鍛錬不足だと理解しました。次回の大会までには、

30kmランを何度か走破する必要があると感じました。

具体的な練習法に気付けたので、今回は有意義でした。

結果と次の目標

フルマラソンを走ったので、一つの結果が出ました。恥ずかしい結果ではありますが、

フルマラソンタイム:6時間

次はサブ5を目指したいですね。それと同時に、給水・栄養補給・トイレ以外は歩かないでクリアしたいです。

個人的にはいま執筆しながら、やっぱりこういう風に(サブなんちゃらなどと、タイムにこだわり始める)なるんだなとほくそ笑んでいます。

最後に:ランナーズハイについて

耳にしたことがあったランナーズハイ。

事後、あああれだったかなと思ったのは、妻と子に向けて撮影していた時はテンションが高かったですし、楽しかったです。あの瞬間だけは。

その後はつらい、きついでした。

それと、達成したという事実は一生残るものですから良いものですね。

-ランニング

Copyright© Make Body Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.