体脂肪率10%を目指す

Make Body Blog

トレーニング

1時間での時短トレーニング

更新日:

トレーニング時間を1時間としている理由

トレーニング時間を一時間としている理由は、トレーニングできる時間が限られているからです。

私の場合、2日おきに筋力トレーニングをしていますが、仕事から帰宅し夕食を食べ、かたづけ、子供のお風呂、寝かしつけなどをしていますと、もう22時は超えています。

そこからトレーニングを行うため、何時間もトレーニングに充てることはできません。

そのため、時短で全身を効率良く鍛えることができないかと考えたところ、次のようなメニューを考案しました。

1時間トレーニングメニュー

メニュー対象となる筋肉
1アップライトロー 三角筋(中部)・僧帽筋
2 バーベルスクワット 大腿四頭筋・大殿筋(下部)・大内転筋
3 ベンチプレス 大胸筋(中部)
4 デッドリフト ハムストリング、大殿筋(下部)
5 アームカール 上腕二頭筋
6ドラゴンフラッグ腹直筋
7インクラインベンチプレス大胸筋(下部)
8プルアップ(懸垂)広背筋・大円筋
9ディップス大胸筋(下部)・三角筋(前部)

上記を3セットずつ行うと大体1時間程度となります。

インターバル(運動間の休憩、息休め)は1分~2分程度です。インターバルというよりも、器具移動、器具設置の時間ですねw

上記メニューで私の全身の筋肉は成長を続けています。

注意点

私( 2019年4月から トレーニング開始)のような初心者向けのトレーニング方法となります。

上級者は肩の日、背中の日、胸の日、足の日など小分けにして鍛えています。

このトレーニング方法は初心者であればまだ、このような内容でも筋力の上昇を見込めると考えています。

引用元書籍

-トレーニング

Copyright© Make Body Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.